ポーカーの歴史


ポーカーは19世紀から20世紀にかけてアメリカで発展しました

アス・ナス As Nas という絵札と10, A を使って 5 枚ずつのカードを配り
役(フォーカード/フルハウス/スリーカード/ツーペア/ワンペア)を競う
ペルシャのゲームが原型です

世界三大カードゲームの一つで知名度は圧倒的に高いですが
歴史の中で数々の進化を遂げいくつものルールが存在します
またカジノにおいては運よりもプレイヤーとディーラーのスキルにより
技量によって競う真剣勝負・心理戦となる事が多く
ポーカーで勝利し続けるということは世界的に有名になるチャンスにもなります

ポーカーとは?


ポーカーは、役(ハンド)の強さを競うゲームである。相手をフォールドさせれば(ゲームから降りさせれば)、ハンドの強さに関わらず勝つことが出来ることから、ブラフ(ハッタリ。『ベット』することによって弱い手を強く見せて相手をフォールドさせようとすること)に代表される心理戦の占める割合の高いゲームであるとされる。勝ち負けの数にはあまり意味が無く、勝ったときのチップを大きくし、負けたときの損失を最小にするための総合的な戦術がより重要である。また、他のプレイヤー達の仕種、表情、賭けたチップの枚数等から他のプレイヤー達のハンドの強さを予想し、自分の賭けるチップの枚数を決める。このゲームでは相手を惑わす為に、わざと驚いて見せたり、嘘をついたりする事が認められているが、実際のゲームにおいて相手の表情などを読んで自分のアクションの判断材料にする場面は、巷間で信じられているほどには多くない。一説によれば「一晩中悪いカードが配り続けられても生き残ることができる唯一のゲーム」である

ポーカーの遊び方

ポーカーには主に3種類の遊び方があります

クローズド・ポーカー

最も古い形のポーカーで、各プレイヤーは自分の手札を全て隠してプレイをする。カードが配られたらまずベット(賭け)をし次にカード交換を行う。そして再びベットをし、最後に全員がハンドを公開して勝敗を決める

代表的なゲーム名

ファイブカード・ドロー
デュース・トゥ・セブン
バドージ

スタッド・ポーカー

スタッド・ポーカーはオープンなポーカーでです。まず初めに各プレイヤーに何枚かの手札(枚数はポーカーの種類ごとに異なる)が裏向きに配られる。プレイヤー達は自分の手札をこっそりと見る。次に各プレイヤーに表向きにカードが一枚ずつ配られる。ここでまず一度ベットをする。ベットが終わったら再び各プレイヤーに札が表向きに一枚ずつ配られ、ベットが行われる。以下同様にカード配布とベットとが交互に行われ、最後のベットが終わったら、全員最初に配られた裏向き札を明かし勝敗を決める

代表的なゲーム名

セブンカード・スタッド
ファイブカード・スタッド
ラズ

フロップ・ポーカー

最も新しいタイプのポーカーである。フロップ・ポーカーの特徴は、中央にフロップと呼ばれる表向きの札が置かれる事である。この札は全てのプレイヤーの共通の手札とみなされる。フロップが高位の札であれば自分にとって得であるが、同時に他の人にも得になる事に注意されたい。プレイヤーは裏向きの手札+フロップでハンドを作る

代表的なゲーム名

テキサス・ホールデム
オマハ・ホールデム
ウォーターメロン

現在のポーカーの主流は『テキサス・ホールデム』


簡単なルールなゆえにテキサス・ホールデムが現在の主流となっています
ただカジノによってはローカルルールが存在し
言葉の壁など敷地の高いカジノゲームとなります
こういうことから運任せの他のカジノゲームに比べプレイヤーの技量がもっとも出るので
カジノのポーカーで勝つと言う事はまるで映画スターのように
ビックになれる可能性を一番秘めていますね