12月14日 日本経済・世界経済を巻き込んだXデーとなるか?

カジノやホテル、商業施設などの統合型リゾート(IR)を推進するための法案(カジノ解禁法案)の修正案と、公的年金の給付額の改定ルールを見直す年金改革関連法案が13日それぞれ参院の委員会で採決が行われ可決した


両法案とも会期末の14日に成立する見通しだ。民進党など野党は、衆院に内閣不信任決議案を提出する構えだが、与党などの反対多数で否決される。臨時国会は14日に閉会する方向となった。

 

カジノ解禁法案については、自民、民進両党の参院幹部が13日、修正を行うことで合意し、修正案に〈1〉ギャンブル依存症対策などの明示〈2〉施行後5年以内の見直し――の2点が盛り込まれた。これを受け、民進党は参院内閣委員会での採決容認に転じた。ただ、実際の委員会採決では反対した。修正案は、自民党と日本維新の会などの賛成多数で可決された。
読売新聞

カジノ法案の扱いを巡っては自民、民進両党の参院幹事長らが断続的に協議。民進党は「ギャンブル依存症対策が不十分」などとして採決に反対していたが、自民党が施行後5年以内に法律を見直す規定などを盛り込む修正案を示したことで、採決に応じた。

民進党など野党4党は14日、内閣不信任決議案を衆院に提出する構え。14日午前に野党4党は幹事長・書記局長会談を開き対応を協議する。
日本経済新聞

自民・民進の思惑 土壇場で一致 「統合型リゾート(IR)整備推進法案」(カジノ法案)を巡って参院内閣委員会での修正案の採決が急に実現した背景には、参院民進党と参院自民党の双方が持つ衆院側への不信感がある。参院民進は法案への賛否を決めないまま採決を欠席した対応を不服とし、参院自民にも衆院側の強硬な国会運営への不満があった。一定の審議時間と円満採決を演出して衆院の「猛省」を促す思惑が土壇場で一致した形だ
毎日新聞